バストアップ研究所
バストアップ研究所 > 食べるだけでサイズアップ!?バストアップに効果のある食べ物・飲み物とその効果とは?

2016年01月31日更新

食べるだけでサイズアップ!?バストアップに効果のある食べ物・飲み物とその効果とは?

ダイエットをしたら、胸だけなくなってしまった。。産後、卒乳したら、授乳期のふっくら大きなバストはどこへやら。。そんなバストの悩みを持つ人も多いはず!なんとかしたいけど、エステは費用もかかるし時間もない。補正下着は苦しそうだし、クリームやマッサージは面倒臭さそう…そんなあなた!まずは毎日の食事からバストアップをしてみませんか?
770 view

バストアップは食事から!

ダイエットをしたら、胸だけなくなってしまった。。
産後、卒乳したら、授乳期のふっくら大きなバストはどこへやら。。
そんなバストの悩みを持つ人も多いはず!

なんとかしたいけど、エステは費用もかかるし時間もない。補正下着は苦しそうだし、クリームやマッサージは面倒臭さそう…
そんなあなた!まずは毎日の食事からバストアップをしてみませんか?

バストアップと食事の関係

和食写真
http://pds.exblog.jp

結論から言うと、食べる食材を心がけることでバストアップを促進させることは可能です。

バストは、そのほとんどが脂肪でできています。バストアップクリームを塗ったり、マッサージをすることもバストアップに効果がありますが、やはり一番は、何と言っても身体を作る食事です。いくら外側からのケア、アプローチをしても、内側からのアプローチには敵いません。

では、バストアップにいい食事とは、どんな食事なのでしょう。

キャベツ
http://vegetable.alic.go.jp/panfu/cabbage/cabbage.html

バストアップしたいなら、毎日キャベツを食べるといいって聞いたことはありませんか?
脂肪でできているバストに、食物繊維の塊のようなキャベツ!?なんだか信じられない話です。その他にも、豆乳、唐揚げ、チーズなど、バストアップにいいと聞いたことはありませんか。

バストアップにいい食事は色々聞くけれど、本当にいいの?と信じられない人も多いことと思います。
どうしてその食事がバストアップに効果的なのか、本当にバストアップに効果のある食事は何なのかみていきましょう。

バストアップに必要な栄養素とは?

野菜
http://monipla.jp/

バストアップに必要な栄養素は一つではありません。今回は特に注目したい3つの成分をご紹介します。

エストロゲンの分泌を活性化するボロン

まず一つ目は、ボロンです。
このボロンという成分は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を活性化するという作用があります。エストロゲンは、バストに大切な乳腺を発達させる働きがあるホルモンです。そのため、このエストロゲンの分泌が活性化されれば、バストアップには非常に効果的です。

エストロゲンが分泌され、乳腺が発達すると、その大切な乳腺を守るために発達した乳腺の周りに自然と脂肪がつき、バストのサイズが大きくなるという仕組みです。

エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボン

バストに良いと有名な豆乳に含まれる大豆イソフラボンも忘れてはいけません。

バストアップにはエストロゲンが大切ですが、そのバストアップに欠かせないエストロゲンと同じような働きをする成分が、イソフラボンです。身体の中のホルモンを活性化するのではなく、エストロゲンを補うことで乳腺の発達を共に促します。
エストロゲンが足りないならイソフラボンで補ってしまえ!というわけです。

バストの9割を占める脂肪

最後に、なんといっても脂肪です。バストの90%は脂肪で出来ているわけですから、脂肪を摂取しなければ始まりません。エストロゲンによって、乳腺が発達し、さぁ脂肪をつけるぞとなったとき、肝心の脂肪を摂取していなければ、なかなかバストアップすることはできません。

脂肪を摂ると太るから。
お腹にばかり脂肪がついて、どうせバストにはつかないし。。
と思う方もいるかと思いますが、そんなことを言わずに、バストアップするためには脂肪もしっかり摂取してあげましょう。
バスト以外への蓄積を避けたいのであれば、適度な運動を取り入れるのもいいでしょう。

ただし、脂肪だけを摂っていたのでは、バストアップの効果はなかなか現れません。先ほどのエストロゲンの働きで乳腺が発達してきたところへ、合わせて脂肪の摂取を行うことが重要です。

そのため、脂肪を摂取するだけではなく、イソフラボンやボロンなど乳腺が発達するものとバランスよく摂取するようにしましょう。

バストアップに効果的な食べ物と飲み物

食べ物
http://ailovei.com/?p=13393

バストアップに大切な3つの栄養素を見てきました。では、このような栄養素を摂取するには、どのような食べ物が効果的なのでしょうか。

ボロンがいっぱいキャベツ!

キャベツ
http://vegetable.alic.go.jp/panfu/cabbage/cabbage.html

バストアップに効果的と言われるキャベツにはボロンが多く含まれています。

キャベツには100g当たり1.45mgと多量のボロンが含まれています。りんごにもボロンは含まれますが、含有量は100g当たり0.32gとキャベツの1/4以下。いかにキャベツが優れているかが分かります。

ただし、注意しなければいけないのは、ボロンが熱に弱いということです。キャベツをたくさん食べるためにスープや鍋にしたのでは、ボロンの摂取量は減ってしまいます。しっかりボロンを摂取するためにも生で食べるようにしましょう。

アーモンド・レーズンにもっとボロンが!

ナッツ
http://dietbook.biz/nutsdiet-3251.html

キャベツに多く含まれているボロンですが、実はアーモンドとレーズンにはもっと多量に含まれています。
アーモンドには100g当たり2.82g。レーズンにいたっては100g当たり4.51gとキャベツの2倍、3倍のボロンが含まれています。

大豆イソフラボンは、やっぱり大豆!

豆乳
http://hadalove.jp/soymilk-effect-21560

大豆イソフラボンを摂取するなら、やはり大豆製品を摂りましょう。中でも、イソフラボンを摂取しやすいのが豆乳。豆乳1本分(200ml)で約40mgのイソフラボンが摂取できます。

これだけのイソフラボンを摂取しようとすると、豆腐なら半丁、きなこなら大さじ4、水煮であれば90gも摂らなければいけません。豆乳なら、ごくごくっと簡単に摂取できます。

納豆でも大豆イソフラボンは摂れる!

納豆
http://www.drwallet.jp/navi/21370/
優秀な豆乳に匹敵するくらいイソフラボンが多いのが納豆です。

納豆1パックで豆乳200mlとほぼ同じくらいのイソフラボンが摂取できます。納豆好きの女優さんで、美乳な方がいらっしゃいますがそのせいでしょうか。

脂肪を摂るならアボカド!

アボカド
http://cookbiz.jp/soken/news/avocado/

アボカドは森のバターと言われるほどですから、脂肪分が豊富です。脂質がアボカド1個当たり26gと、果物の中でも一番多く含まれています。

その分、カロリーも高くなるわけですが、高いのは脂質やカロリーだけではありません。食物繊維、ビタミンB2、カリウムなども豊富に含まれるため、実はダイエットにも最適な食べ物なんです。バストアップだけでなく、美容効果も期待できるアボカドですから、一石二鳥だと思いませんか。

チーズで脂肪は摂れる!

チーズ
http://www.tsuchiya-iesapo.jp/
アボカドの他に、おすすめするのは、チーズです。これもまた好きな女性が多い食材ではないでしょうか。

プロセスチーズ100g当たり脂質が26g含まれます。アボカドと同じだ!と思いがちですが、アボカドと違ってチーズ100gというのは、ベビーチーズ6,7個分の量なので摂取するのは少し大変です。。

バストアップするための摂取量は?

バストアップに効果のある食べ物は分かりましたが、どのくらいの量を摂取したらよいのでしょうか。

ボロン3mg

バストアップに必要なボロンは、毎日3mg必要とされています。

3mg摂るためには、キャベツ200gということになります。200gというと、だいたいキャベツ1/4玉分くらいです。毎日、生のキャベツをこれだけ食べると考えると、ちょっと大変ですね。。そのため、ボロンを摂取しようと思ったら、キャベツよりもボロンの含有量が多いアーモンドとレーズンがおすすめです。

アーモンド10粒でボロンは約0.5含まれます。レーズン25gでボロンは約1gですから、これらを上手に取り入れながら3gを目指していくことをおすすめします。

大豆イソフラボン75mg

ボロン3gを摂取することは、結構大変な感じだったので、イソフラボンも大変なのではないかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、イソフラボンはわりと簡単にクリアできます。

例えば、豆乳1本(200ml)と納豆1パックでいいんです。キャベツ1/4玉よりも簡単ですね♪

ボロンはエストロゲンの働きを活性化するもので、イソフラボンは、エストロゲンと同じような働きをするものです。そのため、それぞれをしっかり摂れなくても、ボロン3gが難しい人は、その分イソフラボンを意識して摂取するなど二つでバランスをとっていくのも効果的です。

脂肪はどれくらい?

脂肪はそれぞれどのくらいすでに身体に付いているかという個人差が大きいため、どれくらい摂ればいいとはなかなか言えません。

脂肪の摂りすぎはバスト以外にもお肉がついてしまったり、動脈硬化などの病気の原因にもなってきます。そのため、ほどよく摂取するのがよいでしょう。毎日アボカド1個程度であれば摂り過ぎということは決してありませんので、まずはアボカド1個を毎日摂ることから始めましょう!

逆にバストアップに悪影響な食べ物・飲み物とは?

バストアップに効果的な食べ物を見てきましたが、逆にバストアップの邪魔になってしまう、バストを小さくしてしまうかもしれない食べ物もあるということを知っていますか?

せっかくバストアップに効果的な食べ物を摂取していても、身体が冷えて血液の循環が悪くなってしまっては、大切な成分が行きわたらなくなってしまいます。そんな身体を冷やす食べ物はなるべく摂取を控えた方がバストアップには効果的です。

夏野菜・果物は冷えのもと!

夏野菜
http://led-saien.com/SHOP/880802/880998/list.html
身体を冷やすものといえば、夏野菜、果物などが有名ですね。
暑すぎる夏にはうってつけの夏野菜ですが、体を冷やし、バストアップの効果を薄れさせてしまうことも。

お菓子やケーキがバストアップの大敵?

砂糖
http://www.yatsutonosogu.com/entry37.html

脂肪分が付いてバストアップになんとなく良さそうに感じてしまう白砂糖も身体を冷やす食べ物なんです。甘いお菓子やケーキなど、白砂糖が多量に含まれている食べ物は注意が必要です。

ダイエットもバストアップもお菓子を我慢する点では一緒です!ただし、無理なストレスはよりバストアップの大敵になってしまいますので、我慢のし過ぎにも注意しましょう。

温かいコーヒも冷えのもと!?

コーヒー
http://www.lifehacker.jp
そして、意外なのがコーヒー。暖かいコーヒーなら身体を温めてくれそうですが、コーヒーの成分は基本的に身体を冷やす効果があります。コーヒー豆が熱い地域で生産されていることを考えると、コーヒーが身体を温めていたら大変ですよね。

食べ過ぎ・飲み過ぎに注意すれば大丈夫!

夏野菜を食べてはいけない、コーヒーを飲んではいけないのではなく、食べ過ぎ、飲みすぎに注意することが大切です。これらは身体を冷やす食べ物なのだと意識しながら、摂取した時には、意識的に身体を温めるようにするなど、冷えを防ぐようにしましょう。

食事はバランスよく!

栄養バランス
http://nhha.lin.gr.jp/hh/health/balance.html

先ほど紹介したバストアップに効果的な食べ物も、摂り方を間違えると、逆にバストアップに悪影響なことがあります。それは、バストアップにいいものばかりに気をとられ、食事のバランスが崩れてしまうことです。キャベツ、アボカド、チーズ、豆乳、納豆、あとはお菓子とジュースでは逆効果になってしまいます。

身体の基本は、食事ですから、いくらバストアップにいいものでも、そればかり食べていたのでは、逆効果です。バストアップに効果的な食べ物を取り入れながら、ミネラルやビタミンが含まれたバランスのいい食事を心がけましょう。

まとめ

美乳
http://weheartit.com/

普段食べているものを、少しバストアップを気にした食べ物に変えるだけで、無理なくバストアップすることができます。
これまでバストアップを挫折してきた人も、これなら無理なく毎日の習慣の中でバストアップ出来るのではないでしょうか。

朝はアボカド・チーズ、お昼は豆乳、夜は納豆なんてメニューを決めて取り組んでみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

女性ホルモンとバストアップの関係性とは?

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びた身体のライン、そしてバストアップに欠かせません。毎日の行動や食生活によっても変わってくる女性ホルモン。バストアップができなくて悩んでいる人にこそ、是非注目して頂きたい存在です。バストアップとその関係性について、掘り下げてみます。

脱貧乳!Aカップのためのバストアップ方法!

やせ気味のAカップさん、ふくよかなAカップさん、ともにバストアップを目指す想いは同じはずです!でも、そもそも体型やバストのカップが小さい理由が異なっているので、バストアップ対策も違ってきますよね。 体型ごとに必要なバストサイズアップの方法をご紹介します!

美バストをつくる!バストアップに効果的なヨガポーズ!

バストアップに欠かせないアイテムは色々ありますが、エクササイズもまた様々。その中でもヨガは、バストアップだけでなくリフレッシュまでできて一石二鳥。簡単なものから少し難しいポーズまで、色々ご紹介致します。まずはリラックスしながらスタートしましょう。

バストアップするには太らないといけないって本当?

やせ型の体型でバストが小さめの方、必見です!バストアップのためには、太る必要があるのでしょうか?太ったとしてもバストは変わらず、他の場所だけがふくよかになってしまっては困りますね。 バストアップを目指しながら、健康的に体重をコントロールする方法をご紹介します!

バストアップに効果的な飲み物とは?

筋肉を鍛えたりクリームでマッサージしてみたり、バストアップのために努力している女性の皆さん!様々な努力にプラスして、日常生活で飲むものを変えることで、それらの努力の成果がさらに上がるとしたらうれしいですよね?そこで今回はバストアップに効果的な飲み物をご紹介します。