バストアップ研究所
バストアップ研究所 > 高校生必見!成長期の正しいバストアップ方法!

2016年02月14日更新

高校生必見!成長期の正しいバストアップ方法!

子供の体型から大人の体型へと変化する大切な成長期!この成長期に、よりきれいにバストアップをするためのポイントをご紹介します!バストアップを目指す発育途上の女子高生は、必見です!
2658 view

成長期のバストが大きくなる仕組み

スキャモンの発育曲線
http://www.swimterm.com/013/scammon.html

一般的に、初潮を迎える前後およそ4年間でバストは成長するといわれています。初潮を迎える1年ほど前からその兆候が表れ、初潮を迎えた後3年ほどでバストが丸みをおびてふくよかに成長していくため、バストにとっては大切な時期になります。

バストは生殖器系が発達するにつれ、大きくなっていきます。成長ホルモンにより、生まれてからすぐ急激に体重や身長が伸び内臓や脳が発達していきます。これに加えて女性ホルモンの分泌が増えることによって初潮を迎え、体も全体的に丸みをおびて女性らしい体つきに変化し、バストもふくよかに大きく成長していくのです。

成長ホルモンや女性ホルモンがしっかり分泌されれば、バストは成長していくことになりますね!

これらのホルモンを十分に分泌させ、きれいなバストを目指す方法をご紹介していきます。

成長期にバストをしっかり大きくするためには?

きれいなバスト
http://beauty.yahoo.co.jp/beauty/articles/160051

バストをしっかり大きくするためにキーとなるのは、「成長ホルモン」と「女性ホルモン」を正常に分泌させることです。

しかし、実はそれ以外に重要なことがあります。それは、バストの素となる栄養素をしっかり摂取することとバストを支える組織を活性化させることです。

バストアップのキーとなる「ホルモン分泌」・「栄養素」・「バストを支える組織」についてそれぞれみていきましょう。

ホルモン分泌について

自律神経
http://health.suntory.co.jp/professor/vol15/

ホルモン分泌は、残念ながら自分の意志でコントロールすることができません。自分の意志とは関係なく、自律神経がコントロールしているのです。つまり、自律神経のバランスを整えていくことが重要となります。

自律神経のバランスが整っている状態というのは、頑張る交感神経とリラックスする副交感神経がうまくスイッチできる状態をいいます。現代は、ストレス社会なので交感神経が優位になりすぎる人が多いようです。受験や複雑な友人関係の中で生活している高校生のみなさんは特に、ストレスも多くなかなかリラックスできないのではないでしょうか?

バストアップのためにも、ストレスをためずに心を穏やかにリラックスすることが大切ですね。

栄養素について

給食
http://kyouiku.oita-ed.jp/taiku/2010/08/post-28.html

過度なダイエットでの栄養不足や、お菓子やジャンクフードばかりの食生活はしていませんか?これは絶対にNGですよ!小中学校での給食は、ほとんどの高校ではなくなってしまいますので、バランスのとれた食事がイメージできない方も多いと思いますが、小中学校の給食を思い出してみましょう。魚・肉・大豆製品・玉子・乳製品・野菜・果物・海藻類・穀類・イモ類など、バランスのとれた献立でしたよね?

特にバストにとって重要な栄養素・食材は以下の通りです。

① 良質なたんぱく質:細胞の素となる
豆/豆製品乳製品・乳/乳製品・卵・鶏肉・魚など

② 大豆イソフラボン:女性ホルモンに似た働きをする
大豆・大豆製品(納豆・豆腐・きな粉など)

③ ボロンを含むもの:女性ホルモンを活性化する
きゃべつ・海藻類・りんご・レーズン・ピーナッツ・アーモンドなど

しかし、これらの食材が良いからと言って過剰摂取は厳禁です!
イソフラボンやボロンは、過剰摂取により婦人科系の病気のリスクが高まるとも言われていますので、注意が必要です。つまり、どの食材もバランスよくとることが重要なのです。

やはり、学校給食を参考にするのが一番手っ取り早く間違いなさそうですね!花嫁修業もかねて、給食を参考にしながら自分で料理をしてみるのも良いかもしれません!

バストを支える組織について

クーパー靭帯
http://www.allure-s.jp/menu/bust.html

バストは、脂肪(およそ90%)と乳腺(およそ10%)という組織で構成されています。バストはほとんど脂肪で、それを支える骨はないですよね?つまり、バストの脂肪は、乳腺と皮膚と筋肉によって支えられているのです。

さらに乳腺、皮膚、筋肉に繋がってバストを支えて吊り上げているクーパー靭帯という組織が、バスト形成に深く関与しています。

つまり、バストを内側から支えるクーパー靭帯を活性化し、バストを外側から支える筋肉(代表的な筋肉は大胸筋)を鍛えることがバストアップにとって重要になってくるといえるでしょう。

高校生にもおすすめのバストアップ方法!

さあ!それでは、きれいなバストアップを目指すにはどのようなことをすればよいのかを具体的に見ていきましょう!

バストアップ
http://blog.bustup-lady.net/?p=491

前のセクションでご紹介したきれいにバストアップしていくためのポイントを3つ復習しましょう。

① 成長ホルモンと女性ホルモンをしっかり出すために自律神経を整える

② バストの素となる栄養素をバランスよく摂取する

③ バストを支える大胸筋を鍛え、バスト形成に関わるクーパー靭帯を整える

②の栄養素については、前のセクションでご案内したように給食を参考にしていただきバランスよくということをお勧めします。

ここでは、①の自律神経の整え方とクーパー靭帯と③の大胸筋のケアについてご紹介します。

自律神経を整えてホルモン分泌を促進してバストアップ!

現代のストレス社会では、交感神経が優位になりすぎる傾向にありますので、リラックスして副交感神経を優位にしていくことで自律神経のバランスが整っていくと考えられます。そこで、リラックス方法を3つあげてみます。

(1)腹式呼吸(深呼吸)でリラックス!
ゆっくり呼吸をすることで、心が落ち着きリラックスできます。座るか仰向けで寝るか楽な体勢で行います。

【方法】
まず、おなかをへこませながら、口から細く長く息を吐きます。吐ききったら、鼻からゆっくり息を吸っていきます。

☆ポイントは、吐くときにおなかを十分にへこませて肺の中の空気を全部出しきるようなイメージで行うことです。

(2)ストレッチやヨガでリラックス!
体をほぐすことにより、心も連動してほぐれリラックスできます。(心身一如)
どんなストレッチやヨガのポーズでも構いません。
ここでは、全身を伸ばすことができるダウンワードフェイシングドッグというヨガのポーズをご紹介します。

 ダウンワードフェイシングドッグ
http://blog.goo.ne.jp/rika_yoga/e/5fbd391e060d1959807ff9506e2c80eb

【方法】
肩の真下に手首、腰骨の下に膝を置き四つ這いになります。次に足の指を立ててから、膝を床から外してお尻を上に突き上げます。

☆膝はまがっていても、かかとが浮いていても構いません。

手のひらで大地を押してお尻をさらに斜め上に突き上げて呼吸をします。
大胸筋が開き二の腕やわきの下も心地よく伸びていきます。腰のそりすぎに注意しましょう。

(3)音楽をきいてリラックス!
小川
http://ringoon.jp/2010/03/21/-eagleville.html

好きな音楽なら何でも構いません。脳にα波が出るとリラックスし副交感神経が優位になりますので、おすすめは川のせせらぎ、波、雨、風など自然の音をバックにしたリラックス系音楽です。特に自然の音は、継続しているけれど、完全に一定ではない音で、「ゆらぎのリズム」と言われリラックスには最適です。これは、私たちがお母さんのおなかの中にいたときに聞いていたリズムだそうです。一定ではないけど断続的に聞こえていたお母さんの心臓の音や血液が流れる音のリズムの音ですね。

このような自然の音のCDもありますし、動画サイトでもきれいな景色と共に自然音が流れるものもありますので、ぜひ試してみてください。

ゆったりとくつろぎ、リラックスして成長ホルモンと女性ホルモンをしっかり分泌させてあげましょう。

(4)バストマッサージで女性ホルモン促進!
バストマッサージ
http://ponpare.jp/esthe/fukuoka/fukuoka/0038788/

基本的に成長期の頃はよく寝て、よく食べることで女性ホルモンを促進することができます。しかし、それだけで本当に胸が大きくなるか不安だという人もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのがバストマッサージです!リラックスしながらバストマッサージを行うことは、成長を邪魔することはないので中学生や高校生でも安心してできるバストアップ方法です。グラビアアイドルの方の中には昔からのバストマッサージが巨乳の秘訣と語る人も多く、効果的な方法です。

バストマッサージの詳しい効果と方法はこちらの記事をご覧ください。

美バストをつくるバストマッサージ術!

大胸筋とクーパー靭帯のケア

(1)大胸筋

大胸筋
https://myreco.me/news/view/1863

簡単でどこでもいつでもできる大胸筋強化の方法です!

【方法】
胸の前で合掌して、手のひら同士で押し合い10秒程度キープします。

☆肩の力を抜いてゆっくり呼吸しながら行いましょう。

これを3セットくらい行います。朝と夜2回から始め、時間があれば昼間、思い出した時にやってみましょう。

(2)クーパー靭帯

クーパー靭帯は、大胸筋のように鍛えることよりも、傷つけないよう保護することが必要です。

☆激しい運動をする時にはしっかりと下着で保護しましょう。

☆力強いマッサージは避けましょう。

成長期の時に避けたほうが良いバストアップ方法

過剰なバストアップ

バストは、規則正しい生活で心身ともに健康であればきちんと成長してくれます。女性ホルモンの働きをする大豆イソフラボンや、女性ホルモンを活性化するボロンを多く含む食材は過剰に摂取したり、大胸筋強化のために無理して筋肉トレーニングをするなど、何事も過剰になってはいけません。

あまりに必死になって、精神的、肉体的に追い詰めると、自律神経のバランスが崩れてホルモン分泌も減少してしまいバストアップどころか逆効果になります。また、効果がないだけでなく、体や心を壊してしまい本末転倒になってしまいますので気を付けましょう。

バストアップサプリは必要なし!

どうしてもすぐにバストアップしたくても成長期のうちからサプリを飲むことはやめておきましょう。
成長期の間は、よく寝てよく食べるだけで女性ホルモンの分泌が十分に分泌される時期です。そんな期間に女性ホルモンを増加させるサプリメントを飲んでしまうと、過剰な女性ホルモンの分泌が起こってしまい、バストアップどころか副作用により身体を壊してしまうきっかけになってしまいます。

成長期の頃は生活習慣を整え、バストアップサプリは大人になってから飲むようにしましょう!

まとめ

健康
http://haribo01.hateblo.jp/entry/2015/11/05/113000

バストアップ!きれいなバスト!を目指したい!これは、すべての女性に共通する思いでしょう。

無理なく、楽しくバストアップを目指すことはとても良いことです。しかし、効果が出なくて悩んだり、無理して心身のバランスを崩したりしてはいけません。健康第一なのです。

多感な高校生のみなさん、素敵な女性とはバストだけでないことを忘れないでくださいね。そのことを忘れずに、けれどあきらめずに!楽しくバストアップすべく無駄な力を抜いてリラックスしてたっぷり女性ホルモンを出してあげましょう。女性ホルモンが正常に分泌できれば、もしバストが思うように膨らまなくても、心が穏やかで、お肌もつるつるで十分魅力的な女性になれるのですから…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

女性ホルモンとバストアップの関係性とは?

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びた身体のライン、そしてバストアップに欠かせません。毎日の行動や食生活によっても変わってくる女性ホルモン。バストアップができなくて悩んでいる人にこそ、是非注目して頂きたい存在です。バストアップとその関係性について、掘り下げてみます。

脱貧乳!Aカップのためのバストアップ方法!

やせ気味のAカップさん、ふくよかなAカップさん、ともにバストアップを目指す想いは同じはずです!でも、そもそも体型やバストのカップが小さい理由が異なっているので、バストアップ対策も違ってきますよね。 体型ごとに必要なバストサイズアップの方法をご紹介します!

美バストをつくる!バストアップに効果的なヨガポーズ!

バストアップに欠かせないアイテムは色々ありますが、エクササイズもまた様々。その中でもヨガは、バストアップだけでなくリフレッシュまでできて一石二鳥。簡単なものから少し難しいポーズまで、色々ご紹介致します。まずはリラックスしながらスタートしましょう。

バストアップするには太らないといけないって本当?

やせ型の体型でバストが小さめの方、必見です!バストアップのためには、太る必要があるのでしょうか?太ったとしてもバストは変わらず、他の場所だけがふくよかになってしまっては困りますね。 バストアップを目指しながら、健康的に体重をコントロールする方法をご紹介します!

バストアップに効果的な飲み物とは?

筋肉を鍛えたりクリームでマッサージしてみたり、バストアップのために努力している女性の皆さん!様々な努力にプラスして、日常生活で飲むものを変えることで、それらの努力の成果がさらに上がるとしたらうれしいですよね?そこで今回はバストアップに効果的な飲み物をご紹介します。