バストアップ研究所
バストアップ研究所 > ダイエット中もバストの大きさを維持する方法!

2016年02月26日更新

ダイエット中もバストの大きさを維持する方法!

スレンダーボディなのにバストは大きい、このようなあこがれのスタイルを手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか?ダイエット方法を間違えてしまうと、バストまでダイエット!?されてしまうことがあります。バストアップとダイエットの両立を目指す女性必見です!
465 view

ダイエットをすると胸が小さくなる理由とは?

小さいバスト
http://belta-cafe.jp/4488

食事制限や運動などで、ダイエットをして体重が減ってもバストまで小さくなってしまったり、体つきも女性らしさがなくなってしまうなどの経験をお持ちの方は、少なくはないのでしょうか?

では、ダイエットをするとどうしてバストが小さくなるのかを、バストの仕組みからご紹介します。

ダイエットに関連するバストの性質を次の4つです。

① およそ90%脂肪で構成されている(10%乳腺)

② 心臓の近くに位置している

③ 女性ホルモンや成長ホルモンの作用で成長する

④ 大胸筋をはじめとする筋肉が、重力に逆らい引き上げている

これらの性質から、ダイエットをすることでバストが小さくなってしまう原因がみえてきます。1つずつ解説していきますね。

① およそ90%脂肪で構成されている

体の無駄なものを排除して、理想の体型を目指すのがダイエットです。その無駄なものの代表的なものが脂肪なのです。食事で脂肪分を減らしたり、有酸素運動で脂肪を分解して減らしたりして体脂肪率が下がり、ダイエット成功!となりますね。当然、バストの脂肪も同じように減ってしまうので、ダイエットするとバストは小さくなってしまうのです。

②心臓の近くに位置している

ダイエットをする時に、キーとなるのが代謝を上げることです。

さあ、学校で習った理科の教科書を思い出しましょう!血液が体中の細胞に酸素や栄養を送り届けて、脂肪を燃焼してエネルギーを作り出して代謝が行われます。そして、代謝の副産物として熱が発生し体が温まり、二酸化炭素やそのほか老廃物が出てきます。それらを運ぶのも血液の働きです。

理科が嫌いな方、ごめんなさい。もう少し我慢をして読んでくださいね。次に血液の流れについてみていきます。

心臓がバクン!と収縮するポンプ作用(心ポンプ運動)により各組織に新鮮な血液(動脈血)が流れ、各組織の筋肉が動くポンプ作用(筋ポンプ運動)により老廃物を回収した血液(静脈血)やリンパ液が心臓に戻され排出系へと運ばれます。

つまり、血液(リンパ液)の流れが良い=代謝が促進される=脂肪が燃やされダイエット成功!となります。

さて、話をバストに戻しましょう。バストは心臓に近い場所にありますね。心臓から遠い足先と比較すると分かりやすいと思いますが、当然、下の方で心臓から遠い足先よりも心臓に近いバストのほうが血液の流れは良いのです。特に足先は、重力に逆らって上の方へ戻さなければいけないので大変です。運動することにより、筋肉をしっかり使い血流がよくなり代謝が上がってくるわけですが、この時も足より、心臓に近いバストのほうがより一層、血流がよくなり代謝が活発に行われるため、バストの脂肪が燃焼されてしまい、結果としてバストが小さくなってしまうのです。

③ 女性ホルモンや成長ホルモンの作用で成長する

バストアップに欠かせないのが、女性ホルモンや成長ホルモンですね。私たちの意志で、「女性ホルモン出てー!」と命令しても残念ながら出てくれません。ホルモン分泌をコントロールしているのは私たちの意志ではなく、自律神経です。

自律神経にはリラックスしている状態に優位になる副交感神経と緊張しているときに優位になる交感神経があります。このバランスが整うことによって、ホルモン分泌が促進されるのです。ストレス社会の現代、交感神経のほうが優位になりすぎている方が多いそうです。

さらに、ダイエットでおいしいスイーツを我慢したり、お酒のお付き合いを我慢したり、とストレスがかかってくると、自律神経のバランスが崩れホルモンも正常に分泌できなくなってしまいます。

過度な食事制限や過度な運動により、自律神経のバランスが崩れてしまうと、バストに必要な女性ホルモンや成長ホルモンが不足して、バストアップはできない状態になってしまいます。

④ 大胸筋をはじめとする筋肉が、重力に逆らい引き上げている

バストを重力と反対方向の力で、支えている筋肉は過度な食事制限で栄養不足に陥ると衰えてしまい、バストは重量の方向に落ちて行ってしまいます。

以上のような4つのバストの性質により、ダイエットをするとバストが小さくなってしまう場合があるのです。

逆にバストアップをすると太るって本当?

太る
http://drnote.jp/diet/5594337228724

ダイエットするとバストが小さくなるなら、バストアップすると太ってしまうのでしょうか?

結論から申し上げますと…NO!です。

女優さんやモデルさんのスタイルと思い浮かべてみて下さい。「ボンッ」「キュッ」「ボンッ」!!出るところはでて、へこむところはへこんでいますよね?

つまり、方法さえ間違えなければ、バストアップをして太ってしまうということはないはずなのです。

女性ホルモン分泌により、女性らしいボディーラインになることにより、少しふっくらとした体型になる場合はありますがケアすることによって、太ってしまうことを予防することは可能です。

バストを維持しながらダイエットする方法!

バストアップ
http://bustup-labo.biz/archives/185

モデルさんや女優さんのように、バストアップをしても太らない方法があるはずです。モデルさんほどではなくても、一般の方でもダイエット成功後もバストをきれいにキープしている方もたくさんいらっしゃいます。

お待たせいたしました。いよいよ本題です。バストを維持しながらダイエットする方法をご紹介しましょう。

まずは、ダイエットとバストアップに必要な4つのポイントをあげます。

① 有酸素運動により、バストをケアしながら脂肪燃焼

ダイエットにはエアロビクス、ランニング、水泳などの有酸素運動が効果的ですが、バスト内のクーパー靭帯を傷付けないようにバストケアする必要があります。スポーツブラなどで保護をするとよいでしょう。ただし、バストの脂肪も減りますのでやりすぎには注意しましょう。運動時間や量については個人差にもよるので、バストアップを目指しながら…となると、その調整はとても難しいです。

そこで、おすすめなのがヨガです!ゆっくりたっぷり呼吸をするだけで代謝が上がり、腹式呼吸で内臓をセルフマッサージすることでデトックス(毒素排出)効果も高まるのです。クーパー靭帯を傷つけることなく、全身の不要なものを排出して手放すことができます。

特にバストのケアに効果的なポーズを2つ紹介します。どちらのポーズにも、緊張した胸周辺の筋肉を緩め、胸を開く効果があります。
– 牛面のポーズ

股関節やひざ関節が痛い方は椅子に座って手だけで十分です。左右の手を背中でつなぎますが、届かない方はタオルをつかみ、引っ張り合うと同じ効果が得られます。
 牛面のポーズ
http://yogajo.jp/pose/detail/3.html

  • ラクダのポーズ

腰痛お持ちの方は、手は腰に当て保護をした状態で行いましょう。足裏まで手が届かない方は、つま先をたててかかとを持つとやりやすいです。
 ラクダのポーズ
http://yogajo.jp/pose/detail/67.html

バスト周辺の筋力強化

重たいダンベルを持っての筋力強化は必要ありません。頑張りすぎると男性的な体つきになってしまいますので注意しましょう。

適度な刺激を大胸筋はじめ胸周辺の筋肉に与えることが重要です。胸元で合掌して手のひらどうしを押しあうだけで効果があります。この時、肩の力は抜きながらゆっくり呼吸をして行いましょう。5秒ほどキープ、これを3回繰り返して1セットこれを、朝昼晩など空いている時間を使って行います。

合掌
http://グラマー産後のバストアップサプリメント.com/glamour19.html

強化した後は、ストレッチが必要です。お尻の後ろで指を組み、息を吸いながら胸を開くストレッチがお勧めです。

胸のストレッチ
http://www.stretching.jp/static003.htm

③ 食事制限

バストを作るためには栄養が必要ですので、ダイエットのために過度に食事制限するのはいけません。また、女性ホルモンの働きをするからバストに良いからと言って豆乳や大豆製品を極端に摂りすぎたりするのもいけません。

食事はバランスよくとりつつ、制限していく必要があるのです。日常生活で摂り過ぎになるのは糖質と脂質です。逆に、不足がちなのがビタミン・ミネラル・タンパク質です。

  • 減らしたいもの
    糖質・脂質(お菓子は両方入っていますので摂り過ぎに注意しましょう)

  • 増やしたいもの
    ビタミン・ミネラル(野菜・果物・海藻類など)
    タンパク質(豆、豆製品・鶏ムネ肉やササミ・魚介類など)

繰り返しますが、糖質・脂質を一切取らずに、増やしたいものだけを摂るなど極端な食事制限はやめましょう。

④ ホルモン分泌促進

十分な女性ホルモンや成長ホルモンを分泌することで、バストアップされていきます。リラックスして自律神経を整えることが大切です。

ラベンダーやオレンジスイートなどの精油香りを楽しんだり、好きな音楽を聴いたり、お好みのハーブティーをいただくなどリラックスタイムを1日のうち少しでもよいのでとることをお勧めします!

まとめ

癒し
https://oki-raku.net/plan/501/

理想なボディを目指して努力することは素敵です。しかし、頑張りすぎたり、思いどおりにならずにイライラしてしまっては、つらいだけですよね。

理想なボディを目指しつつ、常にイメージしながらも、まだそこにたどり着けない現在のご自分を受け入れて癒してあげましょう。ここでご紹介したことをできる範囲で、できることから、楽しみながら試していただけたら嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

女性ホルモンとバストアップの関係性とは?

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びた身体のライン、そしてバストアップに欠かせません。毎日の行動や食生活によっても変わってくる女性ホルモン。バストアップができなくて悩んでいる人にこそ、是非注目して頂きたい存在です。バストアップとその関係性について、掘り下げてみます。

脱貧乳!Aカップのためのバストアップ方法!

やせ気味のAカップさん、ふくよかなAカップさん、ともにバストアップを目指す想いは同じはずです!でも、そもそも体型やバストのカップが小さい理由が異なっているので、バストアップ対策も違ってきますよね。 体型ごとに必要なバストサイズアップの方法をご紹介します!

美バストをつくる!バストアップに効果的なヨガポーズ!

バストアップに欠かせないアイテムは色々ありますが、エクササイズもまた様々。その中でもヨガは、バストアップだけでなくリフレッシュまでできて一石二鳥。簡単なものから少し難しいポーズまで、色々ご紹介致します。まずはリラックスしながらスタートしましょう。

バストアップするには太らないといけないって本当?

やせ型の体型でバストが小さめの方、必見です!バストアップのためには、太る必要があるのでしょうか?太ったとしてもバストは変わらず、他の場所だけがふくよかになってしまっては困りますね。 バストアップを目指しながら、健康的に体重をコントロールする方法をご紹介します!

バストアップに効果的な飲み物とは?

筋肉を鍛えたりクリームでマッサージしてみたり、バストアップのために努力している女性の皆さん!様々な努力にプラスして、日常生活で飲むものを変えることで、それらの努力の成果がさらに上がるとしたらうれしいですよね?そこで今回はバストアップに効果的な飲み物をご紹介します。